news | access

鮫島陽 個展「棒と丸」

 鮫島陽 個展「棒と丸」

2019年5月18日[土] – 5月31日[金] |11:00 – 19:00|21日,28日[火] 休み

 

鮫島陽さんの器を初めて目にしたのは、あるクラフトフェアの選考会の応募用紙でした。

小さな写真でしたが、その静かな佇まいの奥に作り手の運動神経を感じました。

 

会場で実際に器を手に取ってみると、印象通り轆轤は達者で、焼成も独特。

それから2年経過し、このたび東京での初個展を開催する運びとなりました。

 

これまでの歩みについて彼女から話を伺ったところ、子供時代はスキーの強化選手だったとのこと。

その時に培った、同じ姿勢で耐える筋肉の使い方が、轆轤仕事と重なると聞いて納得しました。

 

今回の展覧会では、棒状の花器と丸い蓋の壺を中心に、片口や舟、そして鉢や皿などが並びます。

走りながら跳ぶのは苦手でも、ひたすら走る事は向いているという彼女の仕事を、是非ご覧下さい。

 

 

鮫島陽 さめじま みなみ

1995年 長野県生まれ

2014年 自由の森学園 卒業

2017年 多治見陶磁器意匠研究所 卒業

現在、多治見市で制作。